本文へスキップ

推拿・BRM・薬膳指導 etc

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.03-6304-0168

〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-15-4

御案内guide

診療について

推拿を基本とした施術でみなさまに「癒し」を
心をこめて提供させていただきます。


<推拿とは>

推拿療法は、人体の体表上に各種の手技を施すことによって、病気予防や治療をする“中国伝統医学の治療法”です。

特徴としては、
「薬や器具等は一切使わない安全性」
「苦痛を伴わない」
「適応範囲の広さと即効性」などが挙げられます。
筋肉を揉み解すだけではなく、体表からの刺激を通じ、局所及び全身の生体機能を調整し、気・血・津液(基礎生理物質)の流れやそれらを生理代謝する五臓六腑の働きを高める事を目指す療法です。
中国では中医大学には「推拿学部」があり、病院には「推拿科」が設置されており、一般的な療法として認知されています。

○主な疾患別適応症
運動器系
肩こり、頚・肩・腕が痛く動かない、手足のしびれ、背中・腰が痛む、関節がこわばる、膝がはれて痛むなど

神経系統の疾病
頭痛、偏頭痛、神経痛、坐骨神経痛、不眠症・自律神経失調症など

消化器系
慢性下痢、便秘、食欲不振など

婦人の疾病
冷え症、生理痛、更年期障害など

骨及び軟組織の損傷
寝違え、頚椎の痛み、腱鞘炎、五十肩、テニス肘、腰痛、ぎっくり腰、腰椎間板突出、後天性のO脚、猫背、股関節、など

その他
疲労回復、体がだるい、食欲がない、疲れ易い、何もする気がない、乗り物酔い、ダイエットなど



<BRM(Bone Rhythm Moment)療法とは>

骨は一定のリズムで拡張と収縮を繰り返し、
そのリズムによって骨格のバランスが保たれています。
このリズムに合わせて手を添えることで、
正しい位置に骨を誘導させ
歪みを改善させていくものです。
手術が必要とされた脊柱管狭窄症や、 椎間板ヘルニア腰椎すべり症と診断された方々の改善例も多数あります。
自然に動く骨の力のいわば自己治癒力を助けるための手を添えるだけで 、力は全くと言っていいほどかかりません。
吉田邦夫先生が怪我をしてどこにいっても治らず、その後ご自身の体験を元に自分のカラダを治すために開発された手技療法です。

このBRM療法も必要に応じて取り入れています。


推拿施術担当:和田ゆたか
プロフィール: 
・国際薬膳調理師
 (中国政府の国家中医薬管理局の外郭団体「中華中医薬学会」認定)
・NPO法人 全日本薬膳食医情報協会会員
 (北京中医薬大学日本校認定機関)
・一般社団法人 日本治療協会会員
・BRM(Born Rhythm Moment)療法基本研修及び応用臨床課程修了
・料理検定1級
・黒門アカデミー事務局
辻調理師専門学校在学中はホテル、
卒業後は洋菓子店、イタリアンレストランにてパティシエを経験。
一時、飲食業界を離れるが黒門先生と出逢い、占術を学び
陰陽五行、自然哲学を基本とした中医学を学ぶ。
また、横浜にあるナチュラルハンドアカデミーHOLOSにて推拿の技術および薬膳学を学ぶ。

黒門アカデミー黒門アカデミー

〒160-0023
東京都新宿区西新宿7-15-4
YS第一ビル1F
TEL 03-6304-0168
FAX 03-6908-8918